ウェストサイド物語を楽しもう!劇団四季について > 劇団四季について

劇団四季について

劇団四季(げきだんしき)は、年間3,000ステージ超、
俳優・スタッフ700名以上を有する日本最大規模の劇団です。

1953年(昭和28年)7月14日に劇団創立。
海外ミュージカル作品の上演だけでなく、オリジナルミュージカルも人気があります。
日本においてミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たしている劇団です。


劇団四季は、当初は東京大学と慶應義塾大学の仏文科の学生
(浅利慶太や日下武史ら)を中心として結成された学生演劇集団から始まりました。

最初からミュージカル劇団だったわけではなく、設立からかなり長い期間が
ストレートプレイ専門の劇団でした。

劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫です。
(劇団四季の創立直前に死亡)

最初は学生による同人的な劇団でしたが、次第にプロ化し、
1967年に株式会社になり四季株式会社となりました。

ちなみに「四季」と名付けたのは、俳優・演出家の芥川比呂志氏です。

1971年に越路吹雪主演のミュージカル『アプローズ』をヒットさせてから、
さまざまなミュージカルを上演しながら技術を蓄積し、
1979年に『コーラスライン』を上演したことが転機になりました。

日本の劇場は月単位契約のために、大ヒットを重ねてもどうしても収益が限られてしまうため、
劇団四季は四季専用の劇場を得ることを模索しはじめ、
ついに1983年に西新宿の空き地にテント張りの仮設劇場を設けて、
『CATS』のロングラン公演に踏み切ります。
以後、、『CATS』は1984年11月10日までのロングランとなりました。

1985年に大阪市西梅田の旧国鉄コンテナヤードに仮設テントを設けて
『CATS』を再演し、13ヶ月のロングランを達成しています。

『コーラスライン』を上演するまで劇団四季の上演回数は
多くても年19回で、年平均10回程度でした。

『コーラスライン』を上演した1979年は前年の50倍の581回となり、
『CATS』を初演した1983年は707回。
以後一貫して上演回数が増え続けています。

当サイトについてと免責事項

  • ウェストサイド物語を楽しもう!は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007-2013 copyright(c) ウェストサイド物語を楽しもう! All Rights Reserved.