ウェストサイド物語を楽しもう!作品紹介 > キャラクター紹介

キャラクター紹介

「ウェストサイド物語」に登場する主要なキャラクターを紹介します。

●主役のふたり

トニー
「ウェストサイド物語」の主人公。
元ジェッツのリーダー。今はドックの店でまじめに働く。
本名アントン・ウィチェック。
ダンス・パーティになるまで何か自分に幸せ(マリア)が来ると心の中で悟っていた。
それが見事にマリアと結びついたが、架け橋になりかけたその愛は悲劇へつながった。
「ロミオとジュリエット」でいうロミオの役を演じる。

マリア
「ウェストサイド物語」の女主人公。
本名マリア・ヌネス。
ベルナルドの妹。ブティックで働く。
ダンス・パーティからトニーと出会い心惹かれ、相思相愛となるが、
その愛は後に悲劇を繰り返すこととなる。
「ロミオとジュリエット」でいうジュリエットの役を演じる。


●白人の非行少年グループ「ジェット団のメンバー」

リフ
ジェッツの現在のリーダー。本名リフ・ロートン。
トニーの義理の兄弟にあたるが、叔父が嫌いな為にトニーの家に食いついてきた軟弱者。タバコを吸っている。
ダンス・パーティで跳ね起き、前転宙返り、バック転などアクロバティックなパフォーマンスを披露していたので、運動神経は非常に優れている模様。
「ロミオとジュリエット」でいうマキューシオ。


ディーゼル
ジェッツの団員で、副官的存在。筋肉質な体格で、リフから一対一の決闘に推選された。
ベイビー・ジョン
ジェッツの団員。頭の「ベイビー」は童顔である事から。トニーに助けられたが、過去にエメラルズとの決闘では襲われたり、本編の序盤ではシャークスから集団リンチにあったりと散々な目に遭っている。漫画「スーパーマン」が好きであるゆえに、「決闘でマーヴェル船長の光線銃を使えばいいよ!」と茶々をいれた。

A-ラブ
ジェッツの団員。アル中の父親がいるが、気にしている。決闘が中断されてからズボンのファスナーが開けっ放しだった。
アクション
ジェッツの団員。客引きをしている母親がいるが、その事に触れると怒り狂う。名前の通り好戦的で決闘の話になると非常に興奮する。

エニィボディズ
ジェッツの団員になりたがる男勝りの少女。ジェッツの面々からは邪魔者扱いされていたが、後半で犯罪を犯して放心状態になったトニーを助けたり、チノの復讐のことをジェッツに伝えたりと非常に頼りになる人物となる。
「ロミオとジュリエット」でいうロミオの召使いバルサザー。


●プエルトリコ系の非行少年グループ「シャーク団」

ベルナルド
シャークスのリーダー。本名ベルナルド・ヌネス。
アメリカを毛嫌いする。妹のマリアと恋人のアニタを溺愛しているが、彼女たちの思いと自分の思いが合わないことに悩んでいた。
「ロミオとジュリエット」でいうティボルト。

アニタ
ベルナルドの恋人。本名アニタ・パラチオ。
アメリカは素晴らしい国だとベルナルドに主張するが、コンプレックスを抱いている彼にはその心を理解してもらえることはなかった。マリアの善き理解者で非常に忍耐強い。
「ロミオとジュリエット」でいうジュリエットの乳母。

チノ
シャークスの団員。マリアの婚約者。
最初はおとなしく、照れ屋な性格だったが、決闘でトニーにベルナルドを殺されたことと、マリアを奪われたことをきっかけに彼に対して復讐心を抱く。
「ロミオとジュリエット」でいうパリスだが、パリスのように最期に殺されることはなく、逆に彼がトニーを殺し、終盤に殺人罪で逮捕される。

ペペ
シャークスの団員。バンダナを常に頭に巻いている。序盤でA-ラブに唾を吐いた。

インディオ
シャークスの団員。序盤でベイビー・ジョンに迫った際、顔に白ペンキを塗られた。

リコ
シャークスの団員。序盤でベイビー・ジョンに集団リンチを行った一人。


●大人たち

ドック
トニーの雇い主。
自分の過去を話しジェッツの少年たちに非行から足を洗いスポーツなどをするよう勧めていたが、ドックの若かった頃とは違うという理由で少年たちからはその考えは否定された。たびたび小馬鹿にされるが、少年たちにとってただ一人の理解者であり頼りになる老人。
「ロミオとジュリエット」でいうローレンス修道士。

シュランク
市警ウエスト・サイド分署の警部補。
プエルトリコの面々が移民したことを快く思っていないため、シャークスを嫌う。
常に少年たちのギャング抗争に悩まされている。また、過去に苦労した交通課へ格下げされることを恐れている。
少年たちのギャング抗争を撲滅するためなら卑劣なことさえも企む警察とは思えない腹黒い男だが、終盤でトニーを殺されてショックを受けるマリアの気持ちや場の状況を理解し、身を引いていたので、要所では大人としての行動が取れる人物である。

クラプキ
ウエスト・サイド分署の巡査部長。
シュランクと比べると高慢な上、四角四面で融通の利かない性格。ジェッツの少年からはシュランク以上に嫌われている。



当サイトについてと免責事項

  • ウェストサイド物語を楽しもう!は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
2007-2013 copyright(c) ウェストサイド物語を楽しもう! All Rights Reserved.